1. ホーム
  2. エヌシーバス株式会社 運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

エヌシーバス株式会社
運輸安全マネジメントに関する取り組み

当社は奈良交通グループの一員として、更なる「安全・安心のエヌシーバス」を構築するため、運輸安全マネジメントに基づく安全輸送の徹底に取り組んでまいります。
[社長指針] 安全風土の確立…「更なる安全・安心を目指して」
[安全理念] 私たちは、事業活動を通じて社会的責任を全うし、さらに企業の持続的発展のため、「安全は全てに優先する」ことを行動の基準とし、社会の信頼を得ることを追求します。
1.輸送の安全に関する基本的な方針
  1. 輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内においては社長自らが輸送の安全の確保と関係法令の遵守に主導的な役割を果たします。また、現場における安全に関する声に耳を傾け現状を十分に踏まえつつ、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を全社員に徹底いたします。
  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(PDCAサイクル)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めると共に本件に関する情報については、積極的に公表いたします。

【運輸安全マネジメント ポスター】

2.輸送の安全に関する目標および当該目標の達成状況
(1)2019年度安全運転の重点目標の達成状況
年間有責事故件数を3件以下に設定
重点目標 結果
重大事故件数 0件 0件
有責事故件数 3件以下 1件
3.安全管理規程および輸送の安全に関する組織、連絡体制
  • 安全管理規程 >> こちらから(PDF形式)
  • 輸送の安全に関する体制図 >> こちらから(PDF形式)
  • 被害者等支援計画の実施体制図 >> こちらから(PDF形式)
  • 安全統括管理者 代表取締役 西谷保弘

【貸切バス事業者安全性評価認定 取得】

4.輸送の安全のために講じた措置
安全管理規程に定める基本方針を基に、2019年度に実施した重点施策は次のとおりです。
(1) 2019年度 重点施策
◇ 2019年度 安全運転目標
『駅ロータリー・駐車場・バス停進入時「安全速度10キロ以下」
◇ 継続目標
『交差点 歩く速度(5キロ)で安全確認』

➤「速度超過」が原因となる事故は重大事故に繋がることから、特に不特定多数の人・車両が行き交う「駅ロータリー・駐車場」、併せて上屋への接触事故防止のため、「バス停進入時」においても安全速度を10㎞/h以下に設定することで、更なる安全意識の向上を図りました。 また、前年度に引き続き「交差点事故の防止」を継続目標といたしました。

【安全運転ポスター】

(2) 事故予防への取り組み(月間の注意ポイント) 
 
実施月 注意ポイント
4月 ‟思い込み”の危険性と“運転の習慣(くせ)”を理解する
5月 車内事故撲滅のために「ブレーキを踏んでも車内は大丈夫か?」
6月 右折事故を予防する
7月 住宅地内の交差点は子供・自転車の飛び出しを予見する
8月 車内事故予防のポイント「発進時あと3秒待って、もう一度車内確認」
9月 「信号の変わり際」に危険が潜む
10月 横断歩道に近接したバス停での事故予防
11月 停車時、3mの車間距離で危険を回避する
12月 薄暮時、ヘッドライトの早め点灯で事故防止
1月 見通しの悪い交差点には徐行義務があります(道交法42条)
2月 リッドの閉め忘れに注意!
3月 駅ロータリー、駐車場、交差点、安全速度で重大事故の防止を!

【9月の注意ポイント】

【冬季特有の事故予防】

【奈良交通 安全管理部(指導班)より】

◇ 事故速報の3D化
従来、事故速報(A4用紙)を事務所内に掲示しておりましたが、ミニカー模型を使用した事故事例を掲出することで事故の発生状況をより理解しやすくするとともに、事故の発生原因や防止対策を話し合う際のコミュニケーションツールの一つとして活用しています。

◇ (青・黄・赤)旗の事務所内への掲示による注意喚起
事故や苦情等が発生した際、点呼台横に設置した旗の色(青・黄・赤)を変えることにより、いち早く所属員に周知するとともに内容や原因等を解説することで、再発防止のための注意喚起を行っています。
  • 青…事故・トラブル、苦情無し
  • 黄…苦情が発生
  • 赤…事故・トラブルが発生
(3)輸送の安全に関する計画
 安全管理規程に定める基本計画を基に、2019年度に策定した計画の実施内容は次のとおりです。

[1]定例会議
  • 安全運転対策委員会(毎月、奈良交通と共催)
  • 営業所長連絡会(毎月、奈良交通と共催)
  • 整備管理者会議(2回、奈良交通と共催)
  • 職場安全運転推進委員会(毎月)
  • 職場安全衛生委員会(毎月)
  • 安全・衛生委員会(奈良交通と共催)
  • その他各種会議(毎月)
    助役連絡会・班長会議・指導運転者会議 等

[2]交通安全運動および定例行事
  • 春の交通安全運動にともなう早朝点呼立会(5月)
  • 夏の交通事故防止運動に伴う早朝点呼立会(7月)
  • 秋の交通安全運動にともなう早朝点呼立会(9月)
  • 奈良交通 自動車事業本部員による早朝点呼立会(9月・2月)
  • 年末年始安全総点検にともなう早朝点呼立会(12月)
  • 「安全を誓う日」早朝点呼立会(毎月)

[3]職場巡回
  • 安全統括管理者による職場巡視
  • 奈良交通 自動車事業本部本部長による職場巡視
  • 経営管理部門による職場巡視
  • 奈良交通 安全管理部門による職場巡回

[4] 職場・個人表彰関係(奈良交通と共催)
  • 有責事故抑止目標達成職場表彰(4月・10月)
  • 優秀班長表彰(4月)
  • 接遇優秀社員表彰(3月)
5.輸送の安全に対する教育および研修
(1) 管理者に対する教育および研修

【ヒヤリハット事例に学ぶ(DVD鑑賞)】

【路線研修】

  1. 運輸安全マネジメントセミナーへの参加
管理者のスキルアップを目的とした教育・訓練を計画的に実施しています。前年度に引き続き2019年度も、運輸安全マネジメント制度の理解を一層深めるため、国土交通省の認定セミナーを全統括運行管理者に受講させています。
  2. 奈良交通開催の適性診断活用講座への参加
運転適性診断の結果をもとに、運転者への助言・指導のポイント、事故予防に効果的なカウンセリング方法等を学ぶため、自動車事故対策機構の専任講師を招いた、適性診断活用講座が開催され、それに参加いたしました。
(2) 運転者に対する教育および研修
  1. 奈良交通社員教育部門の活用
エヌシーバスでは安全運転の職能向上を目的に「奈良交通研修センター」において、研修指導を実施し、座学、実技を通じて日々研修に努めています。
エヌシーバスも奈良交通グループとして、奈良交通と同じプログラムにより研修に努めております。
① 採用時の基礎研修
② 自主参加型教習の実施
③ 配属後6ヶ月研修
④ 事故発生時の特別研修
  2. 営業所での運転者に対する研修
定期的に運行管理者、指導運転者による参加型の体験研修を実施しています。
また、日常の勤務を通じて営業所では安全運転、健康管理、接遇向上、運転適正診断等をテーマとした運行管理者による個別カウンセリングを実施しました。

【社外講師による研修会】

【適性診断活用講座】

【早朝点呼立会】

6.輸送の安全に関する諸投資(2019年度)
  1. 飲酒運転防止対策費(個人貸与アルコール検知器の全機種代替)
  2. 車両装備費(ドライブレコーダーの全車搭載)
  3. 健康管理対策費(SAS検査 他)
  4. 社員研修費(職種別研修、社外研修 他)
7.輸送の安全に関する内部監査結果
2019年8月1日に郡山営業所を対象に内部監査を実施いたしました。監査内容につきましては、運行管理をはじめ労務管理や勤務処理が関係法令や社内規程に照らし適切に処理されているか、安全運転や健康管理についての指導状況や関係帳票が適正に管理・保管されているか、運輸安全マネジメントを念頭に入れた管理体制がとれているかなど約60項目をチェックいたしました。また、営業所における統括運行管理者へのヒアリングを実施し、各種取り組みに対する認識と現状を検証いたしました。総合的な結果につきましては概ね良好である事を確認いたしました。また、2020年2月10日には、先の内部監査結果をふまえたフォローアップ監査を実施し、前回指摘のあった部分について改善なされていることを確認いたしました。
8.運転者・運行管理者・整備管理者及び事業用自動車に係る情報(令和2年4月1日現在)
◇ 運転者 58名
◇ 運行管理者 5名
◇ 整備管理者 2名
◇ 事業用自動車(乗合8両、貸切3両、受託車両 37両)
9.行政処分の公表(令和2年6月30日現在)
当社では、以下の行政処分を受けました。処分内容を厳粛に受け止め、再発防止に取り組んでいます。
処分日 該当営業所 処分内容 講じた措置
H29.12.23 郡山営業所 10日車使用停止 運行計画に定める業務の遂行

以上

PDF形式のファイルについて
PDF形式のファイルをご覧いただくためには、AdobeReader(無料)が必要です。
お持ちでない場合は、AdobeReaderのダウンロードサイトからダウンロードして、インストールしてください。