1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリース

新しいバスロケーションシステムのサービスを開始します

奈良交通では奈良県と連携・協働し、定期路線バスにおいて新しいバスロケーションシステムを導入します。
平成30年3月26日(月)より、まずは奈良市中心部においてサービスの運用を開始します。

○ 概要
定期路線バスにおいてバスの位置情報を提供するサービスを開始するとともに、バスターミナルや主要バス停を中心にバス情報表示装置を設置します。
○ バスロケーションシステムサービスの提供
  • 奈良市中心部(近鉄奈良駅、JR奈良駅に乗り入れる164系統)
    ※上記以外の地域でのサービス開始は平成30年9月を予定しています。
○ バス情報表示装置の設置
  • 近鉄奈良駅 (1)・(8)・(9)のりば
  • JR奈良駅 (2)・(5)・(6)のりば
  • 東大寺大仏殿・国立博物館
  • 田中町(内回り)
  • 春日大社表参道(内回り)
  • 奈良市庁前(東向き)
  • 宮跡庭園(東向き)
  • 薬師寺東口(北向き)
  • 唐招提寺東口(北向き)
  • 県庁前(西向き)
の14か所となります。
〇奈良バスなびwebのリンク
https://navi.narakotsu.co.jp/

お問合せ
お客様サービスセンター TEL:0742-20-3100(8:30~19:00/年中無休)

平成30年3月26日